思い出の物を捨てる考え方

生前整理、遺品整理どちらでもそうですが、片付けを行なっているうちに思い出の品物が沢山出てくると思います。
もう使わないけど思い出あるものだから捨てたくない・・・、そんなお悩みをお持ちの方は多いです。
ここで一度頭から無くして欲しいのが、整理=捨てるという概念です。
そして片付かないことと捨てられないことをイコールで結んでしまうと、整理整頓は上手く行かないでしょう。

思い出ある物というのは過去のものですから、全て残そうと考えると膨大な数になってしまいますし、そんなに沢山の物を全て残すのは不可能に近いです。
そこでオススメなのが、そんな沢山ある思い出品の中からベスト10の品を選ぶという方法です。

確かに思い出の品だけどあんまり良い思い出じゃない、見ても特に何も感じない、そういった物は必要ありません。
一つ一つ見ていって自分にとってハッピーな思い出、心にグッとくる思い出の品を10個ほど選び、それ以外は何らかの形で手放すようにしましょう。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る