遺産トラブルで多いのは

裁判所はこの10年で、遺産分割トラブルが30%も増えたとの統計を発表しました。
裁判所が把握しているだけでもこれだけ増えているのですから、実際はもっと多くのトラブルが発生していると考えられます。

遺産トラブルと聞くとお金にすると億単位の高額な話に思われてしまいますが、裁判所が取扱ったトラブルのうち、全体の3割が1,000万円未満のトラブルとなっているので、遺産トラブルは身近なものとして把握しておく必要があります。

また多く問題に挙げられるのが、預貯金がなく、自宅や土地などの不動産など分割しにくいものしか残されていないパターンです。
この場合は不動産を売ったお金を分割する必要があったり、遺族の誰かが住むとなった場合でも他の相続人に分割した場合の金額を渡さなければならないなどの必要性が出てきます。

こうしたトラブルを無くす為にも、遺産を残す時にはそれぞれに何を分割するか、更に不動産ならどう分けさせるかを遺書に詳しく書いておく必要があります。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る