デジタル終活

事故や病気などで、人はいつ亡くなるか分からないですよね。
今では、パソコンやインターネットをやっている高齢の方もたくさんいます。
パソコンやスマートフォンなどのデジタル機器に残したデータや有料サービスなどの様々な情報は、「デジタル遺品」と呼ばれています。パスワードが分からない為に、データの取り扱いに困っている遺族が近年増えています。
そこで、「いつ訪れるか分からない死に備えて、日頃からデジタル情報を整理しておく事が大事」ということです。
突然の自分の死によって、家族がトラブルに巻き込まれるのは嫌ですよね。
デジタル遺品は、パスワードで守られている事が多いので、利用サービス名、ID、パスワードなどを書き出して保管しておく事をお勧めします。


https://youtu.be/8JeUGD0i–8

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る