遺品整理と遺産整理の違い

司法書士の業務の中には「遺産整理」と呼ばれるものがあります。
遺品整理と言葉は非常に似ていますが、業務をみてみると大きく違うので注意しましょう。

簡単に違いを説明すると「遺品整理」は故人の家にある家財道具などを片付けること、そして遺産整理は相続財産などの遺産に対して法律的な処理を行なうことになります。
要は司法書士事務所や信託銀行が行なうのは、故人の名義になっている財産を解約したり相続人の名義に変更していく作業なのです。

遺産整理と遺品整理を見間違えてしまい、たまに司法書士に「遺品整理をしてほしい」という方もいらっしゃいますが、司法書士は遺品整理業務を行なっていないため、必要ならば専門業者に依頼するようにしましょう。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る