デジタル遺品の生前整理を

様々なものがデジタル化していくなかで、近年ではなんと遺品もデジタル化しているそうです。
これらの「デジタル遺品」は、例えばインターネット上の証券サービスやネットバンクなどのお金の関わるサービス、ほかにも保存されている写真なども含まれます。

このようなインターネットサービスを故人が利用していたことを遺族が知らず、有料サービスにお金を支払い続けていたと言うケースも少なくありません。
またこれらが発覚してもパスワードが残っていないとすぐに対応できずに、解約するのにも一苦労かかってしまいます。
特に金融取引関係の後処理が分からずに借金が発生してしまっていた、という相談も珍しく無いそうです。

このように遺族に迷惑をかけない為にも、今自分が利用しているサービス名やパスワードなどを残しておくということは非常に大切と言えます。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る