デジタル遺品とその取扱い

パソコンやスマートフォン、タブレットなどの端末やクラウドに残されたデータのことをデジタル遺品と呼びます。
例えばパソコンの中に残されている写真データやSNSのアカウントなどの経済的価値のないものもデジタル遺品の1つです。

逆に経済的価値のあるデジタル遺品は、ネット証券やネットバンクなのですが、これらは故人が家族に存在を打ち明けていないと存在が分からないことが多いです。
ただ分からないだけなら良いのですが、FXなどの金融取引をしていたり有料サイトを利用していたりすると、家族が知らない内に損害が拡大してしまったり利用料が積み重なってしまったりしてしまい、後で大変なことになってしまいます。

そういったことが無いように大切なのが、生前に整理を行なうことです。
写真だったら削除して欲しいのか、家族が受け取っていいのか、どのネットバンクを使っているのか、金融取引をしているのかなどを記載して残しておくと良いでしょう。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る